3.peaks

お知らせNews

製品情報

☆新発売☆狭い場所でも強力につかめる「先細トラスねじバイス」とは?

新製品のご案内です。
「先細トラスねじバイス DS-165T」
ドライバーで外せなくなったねじをロックして外せる便利工具、トラスねじバイスに先細タイプが登場です。
※2019/9/4追記
※2019/6/19追記
youtubeで動画がご覧いただけます。
発売から大変な反響を頂いております「トラスねじバイス」
優れた性能はそのままに、狭い場所にも対応可能になりました。

特長①【細長い先端で狭い部分にも使える】
一目瞭然ですね。
くわえ部が細長くなった為、狭く奥まった場所でも使用が可能になりました。
使用範囲はトラスねじバイス DS-130Tと同様(トラスねじ:M2~4)です。

(先端が細長くなるとねじれやすくなりがちですが、先細トラスねじバイスはねじれにくい細さに絶妙に調整されています。)

特長②【トラスねじにも対応した、たて溝】たて溝形状をダイヤ型トラスねじプライヤーを基にバイス用に最適化。
ねじ頭が低いトラスねじを、しっかりとつかむことができます。

特長③【全てのくわえ部がダイヤ型(3点支持)に】

先端、横のくわえ部は全てダイヤ型(R形状に比べ対象物に3点が触れる為、安定してつかめる)とし、大小さまざまなねじをつかむことができます。
先細トラスねじバイスはトラスねじバイスよりもくわえ部の刻みが1ヶ所多くなっています。(計4ヶ所)
以下はトラスねじバイスと共通の特長となります。

特長④【頭部取付角度の変更で振り幅が小さくなり、さらに使いやすく】
従来の小ねじバイスは、バイスプライヤーの先端にたて溝を入れた、いわば「バイスプライヤー寄りのねじ外し工具」でした。
よって、頭部の角度はそのままで、やや使いにくい部分がありました。
「トラスねじバイス」は、真のねじ外し工具となるべく全面を見直し、頭部取付角度を水平にセット。
回転させるときの振り幅が大幅に小さくなり、回しやすくなりました。

特長⑤【口幅調節ねじに六角穴付ねじを採用。ロック後の増し締めが可能に】

ロック後に調節ねじに六角棒レンチ(5mm)を差込み増し締めを行なえば、より強力にねじを固定することができます。
失敗したくない!絶対に外したい!一発で外したい!
このような気持ちが形になった機能です。
また、ロックした状態がねじのサイズに対し口幅が広い状態からでも、六角棒レンチで締めこんでいけば、柄を開くことなくロックさせることも可能です。
※六角棒レンチは付属しません。お手持ちの物をご使用下さい。
※締めこみ過ぎに注意して下さい。工具が破損するおそれがあります。電動工具を用いた増し締めは行わないで下さい。

ブリスター入りパッケージ仕様
品名:先細トラスねじバイス
品番:DS-165T
[使用範囲]
トラスねじ M2~M4(ねじ頭径 φ4.5~9.4mm)
なべねじ M1.6~M6(ねじ頭径 φ2.3~10.5mm)
六角ねじ(対辺) 3~13mm
[重量]
170g
[JAN]
4960225800242