製品ができるまで

HOME > 製品ができるまで

製造工程

多くの工程と人の手をかけた後、最高の状態で皆様に製品をお届けしています。
一丁の工具ができあがるまでを、簡単にご紹介いたしましょう。

鍛造
鋼材(金属棒)を金型で成型し、おおまかな形を作ります。
ショット(炭素皮膜除去作業)
表面のごみをとりのぞき、なめらかにととのえます。
柄押し(矯正)
巨大なプレス機で、鍛造の際にできたゆがみを直します。
鍛造
ショット(炭素皮膜除去作業)
柄押し(矯正)
機械加工
自動機械で面を削り出します。形ができてきました。
調整・組み立て
バリ取りなどの後、左右2本のパーツを合わせ、人の手で組み立てます。
焼入れ・焼戻し
高温の炉に入れ、2度熱します。1回目に硬くなり、2回目で粘りが出ます。
機械加工
調整・組み立て
焼入れ・焼戻し
高周波焼入れ
切れ味が良く丈夫な刃になるよう、刃部分に高周波をあてて、硬くします。
研磨
一丁一丁削り出し、面をととのえます。
洗浄・防錆
工具の形ができあがりました。しかし、まだ機能は完全ではありません。
高周波焼入れ
研磨
洗浄・防錆
刃付け〜仕上げ
すべて手作業で刃を研ぎ出し、合わせや細部を微調整し、仕上げます。
柄付け・厳正な検査を経て、出荷します。
刃付け作業現場
当社が誇るこだわりの仕上げ作業です。重点的に人員を配置(右端)している現場の様子をごらんください。
刃付け〜仕上げ刃付け〜仕上げ
刃付け作業現場
このページの先頭へ